投稿者「pm315z」のアーカイブ

熱は下がりました。

熱が下がりましたが、まだボーッとしています。(昨日も書きましたが、インフルエンザではないのでご安心ください。)

午前中はゆっくり休みました。

夕方、志の八兄さんに渡すものがあったので、東白楽の「徳の湯」の銭湯寄席を訪ねました。帰り際に、志の八兄さんに真打昇進の品をいただく!

夜は「時そば」さらう。病み上がりなのでほどほどにして帰宅。

体調を崩しているときに街を歩いていろんなお店の前を通り過ぎると、こんな脂っこい食べ物とかビールとか、よく飲むなあ。体に毒だなあ。ということが身に沁みてわかる。すぐに喉元を過ぎちゃうんだろうけれど。

師匠、先輩方の訃報が続き、気が滅入っている。

胃腸炎でダウン。

昨夜の夜半から熱が出ました。

「まずい、インフルエンザか」とビクビクしながら朝を迎えたのですが、熱はそこまで高くもなく、関節の痛みなどもありませんでしたので、どうも違うようで。

インフルエンザではなく、ウイルス性の胃腸炎?とのこと。

そういえば、毎年このくらいの時期に同じような感じで腹を下したり熱を出すなあと思い出しました。年末とお正月を越えたあたりで、疲れが溜まってこういうことになるようです。

終日ずっと、暖かくして寝ていました。

草津温泉らくご

お昼前、新宿からバスで草津温泉へ向かいます。2時すぎに草津へ到着、前日まで出演の笑福亭希光さんから引き継ぎました。

やはり草津は寒いのですが、ご当地の方に伺うと「ここ二、三日は暖かいですよ。一週間くらい前、吹雪で大変で」とのこと。

午後8時開演。「初天神」を最初から最後まで丁寧にやったら時間いっぱい。

赤レンガ演芸会

みなとみらいの赤レンガ倉庫、開館15周年記念の演芸会。

会場へ着いて早々、事務局のスタッフさんから小蝠師匠が亡くなったことを聞かされ、茫然とする。

辰乃助さんと。

連雀亭ワンコイン寄席でした。

一.「ざるや」志獅丸
一.「寄合酒」辰乃助
一.「初天神」鯉丸

終わったあと、辰乃助さんとビビンバを食べながら色々と話す。

新松戸。

朝から上野東京ラインで上野方面。常磐線に乗り換えて新松戸まで。地域の集まりで落語を1時間ちょい。

迎えがくるまで新松戸の駅前で地図を眺めていると、周囲に「小金清志町」や「小金きよしケ丘」という、人名のついた町名を見つけました。落語会が終わったあとでお客さんに話を聞くと、このあたりは「マツモトキヨシ」発祥の地なんだそうです。

佐賀・柳町のハレノヒさん、がんばれ。

世間は「はれのひ」という晴れ着のレンタル・撮影業者がとんずらしたという事件でにわかに大騒ぎになっています。

佐賀市の「ハレノヒ」という同名(こちらはカタカナ)の撮影スタジオがとばっちりを受けて迷惑をしているという話を聞いたのですが、所在地を聞くと、父の故郷のすぐ近く。長崎街道沿いのお店。ウェブサイトで外観を見てみると、そういえば一昨年の11月に佐賀に行ったときに前を通った気がする。

ただでさえ間違われて大変なのに、あまつさえ胸を張って日々商売をしている屋号に泥を塗られるようなもの。これからしばらく、心苦しい日々が続くのだろうなあ。

横浜

横浜市内で一席。

仕事を終えて横浜駅に戻ると雨が降ってきた。お茶を飲みながら2階席で手紙を書いていると振り袖姿の新成人がバタバタと走っている。今年も成人式は荒天です。

日ごろから商売で着物を着ているけれど、正月は黒紋付で外を歩くだけで疲れるのに、あの振り袖姿で一日過ごすなんて、どれだけ疲れるだろうと思う。