連雀亭のお正月興行

お昼すぎ連雀亭のお正月特別興行に向かいます。お正月なので家から黒紋付で東横線に乗ります。中目黒から日比谷線に乗換え、霞ヶ関から丸ノ内線で淡路町。電車は2日とあってあまり人もいなかったので 快適でした。

連雀亭に着いて表から入るとまず昇也兄さんと会いました。年末の王子の忘年会以来です。新年の挨拶をして楽屋に入ります。ちょうど竹千代さんが高座に上がっているところ。一左兄さん、吉好兄さん、鯉白さん、辰之助さんが控えていました。挨拶。辰之助さんとは前座以来で、久しぶりに会った。ぼくが二ツ目に昇進するとき、歌丸会長に挨拶に行ったのだけど、その挨拶に伺った落語会の前座で辰之助さんが入っていたのでした。

客席は満席とまではいきませんがちゃんと入っています。お正月からありがたいことです。

昇也兄さんが仲入りで「庭蟹」。ぼくは仲入り後のクイツキの出番です。連雀亭の特別興行に出るとここの位置が多い気がする、なぜか。「居酒屋」をやりました。くすくすという笑いですが、お客さんと循環がありました。そのまま最後の遊かりさんまで残りました。

終わって片付けをした後にオーナーさんからお年玉をもらいました。吉好兄さんに新年会に誘ってもらいましたが、あとの約束がありましたので先に失礼しました。

Pocket