顔付け

朝4時すぎに目が覚めてしまったので、手紙を書きつつ、気分転換にパソコンを開いてこの日誌を書きます。

昨日までに顔付けしなければいけない番組が2つ。ここ数日、空いた時間に各所にメールを送って予定を伺っていたのだけど、最盛期の11月ということもあって皆さんなかなか忙しく、確定するのが遅くなってしまいました。

夕方、ちょうど御徒町に着いて電車を下りた時にメールを受信、ようやく最後のお一人から「出られます」の返信をもらったので、改札をくぐる前に『東京かわら版』編集部に電話して「すみませんが…」と、演芸会情報ページへの掲載をお願いしました。

仕事終わりで、父と待ち合わせし、駅前の「吉池」の上階で一杯飲みました。

さて今日は、午前中から群馬の中之条に向かいます。家族が起きてくるまで、手紙を書きます。

Pocket