「錦明竹」を根多おろししました。

連雀亭の昼席。
松之丞兄さん、喜太郎さんと。

一、「錦明竹」鯉丸
一、「HERO」喜太郎
一、「吉岡治太夫」松之丞

松之丞兄さんのおかげで満員御礼。ワンコイン寄席が終演する前から行列ができていました。最前線で売れている兄さんの高座は勉強になるし、喜太郎さんの「HERO」がぼくは好きだ。

エイヤッと「錦明竹」を根多おろしました。失敗したところはありましたが、お客様のおかげでトントンと演れました。

この噺は自分に合っているのか、合っていないか。つまり、向き・不向き。これは、どうしようもなくある。「錦明竹」がどっちなのかはまだ判らないけれど、だいじに、自分のものにしていきたいと思っている噺。

初めての「錦明竹」が最後まで明るく演れてよかった。お客さんのおかげです。

Pocket