今日もご厚意に甘えて。

今日の午前中は戸塚の児童会で一席やりました。駅前から主催の方の車に乗っけていただき会場へ向かいました。穏やかで様子のいいご夫婦でした。小さな会館でしたがきちんと会場を作ってくださっていて、細やかなお気遣いが嬉しく、気持ちよく演りました。

お土産に戸塚で有名なお店のお菓子と崎陽軒のチャーハン弁当をいただいて、ほくほくで東海道線へ。松戸の小助六師匠の会に、かつて芸術協会に籍を置いていた春風亭華柳師匠が出演すると聞いて、勉強に伺いました。小助六師に「せっかくだから高座上がってきなよ」と言っていただき、華柳師匠の『夢金』を袖で聞いたあと、恐縮ながら仲入り後のクイツキで一席やりました。

そのあとも、華柳師匠に控え室で昔の寄席の話を聞かせていただきました。貴重な時間でした。

素敵な一日。

こんばんは。家に帰ってきてふとんの中でこれを書いています。

今日は地域の落語会で桂南なん師匠とご一緒した嬉しい一日。

10時過ぎに東横線に乗って東武東上線のみずほ台へ向かいます。東上線へは副都心線を介して直通しているので一本です。

特急で和光市まで行って、そこから準急列車に乗換えます。

みずほ台駅の改札で待っているとじきに南なん師匠がいらっしゃる。迎えに来てくださった世話人の方の車に乗り込む。

会場へ向かう途中、難波田城公園という古民家を保存している公園に立ち寄ってくれました。

茅葺き屋根の古民家で囲炉裏や五右衛門風呂を懐かしむ南なん師匠を傍で眺める幸せったらありません。

お庭の梅も三分咲きでしたが、それを見て南なん師匠がメモを取り出して何やら書き走っていました。

何かなあと思っていたら、車に乗り込む時に師匠が「一句浮かんだよ」と。カシャカシャ写真撮ってた自分が恥ずかしくなりますね。

会場に到着し世話人の方々との挨拶を済ませて、用意してくださった控室に入る。

南なん師匠、この間から喉を痛めて寄席を休んでいて心配をしてしたのですが、「少しずつ良くなっているよ。」とおっしゃって安心しました。

でも、高座に備えてなるべく喋らないようにしているとのことで、師匠につられて自分もだんだん小声になっていきました。

高座も、いつもは地声のところを今回はマイクを用意してもらいました。

満員のご来場で開演。私は「鮑のし」、南なん師匠は「猫の災難」でした。何箇所か噛みましたが、明るいお客様と自分の気持ちがカバーしてくれました。

終演後、主催の皆さんと打ち上げ。師匠は喉をいたわってお酒は一切呑まないので恐縮でしたが、美味しいお酒を頂きました。

帰り道も東上線の車内で南なん師匠と小声で色々なお話をしました。えへへ。

「日常会話をしても辛くなくなってきて良かった」と嬉しそうな南なん師匠。お大事になさってください。

西新宿の事務局へ寄ってから帰宅しました。

(『錦明竹』、先月に上げの稽古をつけていただこうと思っていたら体調を崩して機を逸してしまった。

3月に見てもらえるかもしれないので、もう一回復習しないとなあ。という近況です。)

明日は朝から戸塚へ。

連雀亭ウィークも今日でひと段落です。

こんばんは。帰宅してパソコンを開いたところです。寒い寒い。

今日も朝から東横線に乗って連雀亭へ。今日は午前中のワンコイン寄席なので早めに出ました。東横線は9時を過ぎるとそんなに混んでいなくていいです。

一、『初天神』扇兵衛
一、『鮑のし』鯉丸
一、『舌打たず』吉笑

昨日の連雀亭もそうでしたが、本当に若いお客様(特に女性の方)が増えました。自分が入門した頃は、若いお客さんが寄席の客席にいるのは連休中くらい。客席の景色が違います。

吉笑兄さんの『舌打たず』、あちこちの落語会の根多帳で見ていたけれど初めて聞きました。吉笑ワールドだなあ。面白いなあ。

晩ご飯を食べたら、稽古に行ってきます。